将来の相続のために知っておきたいこと

テクスチャー01相続とは人が亡くなった時に亡くなった人から配偶者や子供、孫などへ財産を引き継ぐことです。受け継がれる財産は遺産と呼ばれ土地、建物、預貯金、売掛金、貸金などが該当します。引き継ぐ財産はプラス財産だけでなく借金や損害賠償義務などマイナス財産も引き継がれます。


位牌や墓などの祭祀財産、生命保険金、死亡退職金、遺族年金など契約や法律に基づき支払われるものは継承しません。開始時期は人が死亡したときから始まり亡くなったことを知らなくても死亡と同時に開始されます。財産を受け継ぐ人が複数いるときには全員の共有となり、一人で勝手に遺産を処分することはできません。遺産の分割は共有者全員の話し合いで決めます。通常の死亡のほか認定死亡,失踪宣告も含まれます。開始される場所はなくなった人の住所地が開始地なので病院で亡くなった時も住んでいた住所が開始地となります。亡くなった人の遺言があればこれに基づき財産を受け継ぎますが、遺言がなかった時には民法の定めにより遺産を受け継ぐことになります。亡くなった方の意思を尊重して遺言の内容を第一に優先することを表していますが遺言書の内容が財産を受け継ぐ人に配慮がなかったり不利益があるときには不服申し立てが民法で決められています。