代襲相続と数次相続とは

相続が発生したときに、相続人がそれ以前に死亡している場合には、その相続人の子や孫が代わって相続人になります。これを「代襲相続」とよび、代襲される人を「被代襲者」、代襲する人を「代襲者」といいます。死亡した場合の他、相続欠落や相続人廃除で相続人が相続権を失った場合にも代襲できます。ただし、相続放棄をした場合にはできません。被相続人と相続人のどちらが先に死亡したか分からない場合には、「同時死亡の推定」という規定が採用され、互いの相続は発生しませんが、代襲はできます。代襲者は直系卑属に限られますので、兄弟姉妹や配偶者は代襲できません。代襲者の相続分は、本来の相続人が受けるはずだった相続分になり、代襲者が複数いる場合には均等に分けます。


被相続人の遺産分割協議前に、相続人が死亡した場合には、相続人の法定相続人がその地位を引き継ぎます。これが「数次相続」です。例えば、父親が死亡して(一次)、遺産分割協議前に母親が死亡した場合(二次)、財産は子どもが相続しますが、相続が2回以上重なっていることから「数次相続」と呼ばれます。父親死亡による一次相続分を確定し、母親死亡による二次相続分を確定します。数次相続では、代襲による相続とは違って、配偶者も相続人になります。

Filed under: 未分類 — まさき 3:09 PM