普通失踪による失踪宣告とは

人がいなくなって、その生死が不明のままですと、相続を開始するわけにもいきませんし、配偶者がいる場合は再婚するわけにもいきません。そこで、ある人が失踪してから一定の期間が経っても生死不明のままの場合には、裁判所に失踪宣告をしてもらうことにより、相続を開始したり、残された人が婚姻などの身分行為をすることが出来るようにしたのが失踪宣告の制度です。


これには普通失踪と特別失踪があり、特別の事情がない失踪の場合には前者になり、7年間継続して生死不明であった場合に裁判所の失踪宣告を得ることが出来ます。失踪した本人は、生存していた場合でも、法律行為を行う能力を法的に奪われるわけではなく、どこか別の場所で、物を買う契約をしたりすることは出来ます。これが出来ないことにしてしまうと、失踪者が失踪後に行った行為が遡及的に無効になり、混乱を招くためです。注意が必要なのは、失踪宣告を得るために必要な7年間の起算点で、いなくなった時ではなく、権限のある者が必要な手続きを行って、その申し立てが認められた時になることです。7年という期間は、決して短いとは言えませんので、将来的に失踪宣告を得て相続を開始したり、新たな生活を送りたい意向がある場合には、出来るだけ早く手続をすると良いでしょう。

Filed under: 未分類 — まさき 3:08 PM