相続権の範囲と権利順位について

遺産を相続する際に、その相続権を持つことのできる人の範囲と権利順位は、法律で定められています。
まず、被相続人に配偶者がいて健在であれば、順位に関係なく必ず相続人となります。


相続第1順位は配偶者の次に相続の権利を持っています。これは被相続人の直系卑属にあたる親族で、被相続人の実子または養子または内縁関係にあった人の子ども(非嫡出子)、被相続人の孫、被相続人のひ孫になります。非嫡出子は、被相続人が父の場合には認知が必要になります。ただし、この中でも順位はあり、被相続人の実子または養子または非嫡出子がすべて亡くなっているときだけ、孫に相続の権利が移行し、また孫もすべて亡くなっているとひ孫へというように、直系卑属で相続の権利が移行していきます。
相続第2順位は、直系尊属である被相続人の父母や祖父母となり、相続第1順位の直系卑属が亡くなったり相続を放棄したりなどの理由で、誰もいない時に遺産を相続する権利が発生します。
相続第3順位は、被相続人の兄弟姉妹にあたる人になります。相続第1順位、相続第2順位のいずれも亡くなったり相続を放棄したりなどの理由でいないときに、相続の権利が発生します。権利が移行しても、兄弟姉妹がすべて亡くなっている場合には、その子供たちに権利が発生します。この、甥や姪にあたる人たちまでが相続の権利を認められています。

Filed under: 未分類 — まさき 3:09 PM