推定相続人の排除について

財産を相続させたくない相続人がいる場合、遺言で指定してするだけでは遺留分を請求できることになります。このような場合に、「推定相続人の廃除」の手続きを取り、相続人を排除します。これには、被相続人が生前に行う方法と、遺言で行う方法があります。


生前に行う手続きを「生前廃除」と呼び、被相続人が家庭裁判所に申し立てます。廃除するのは遺留分のある相続人で、具体的には配偶者、子ども、直系尊属です。遺留分を有しない相続人については、遺言書にその旨を記しておけば廃除できます。
家庭裁判所で廃除の審判が確定したら、被相続人の戸籍のある市区町村役場に、審判書を添付して相続人廃除の届出を出しておきます。届出を出した後、相続人との関係が修復するなどして廃除を取り消したい場合には、取消が可能です。遺言でも取消できます。
遺言で相続人の廃除を決めておくことを「遺言廃除」と呼びます。この場合は、遺言執行者に手続きを進めてもらう必要がありますので、遺言執行者も定めておきます。遺言執行者が、相続人の廃除の請求をして、市区町村への届出も行います。
相続人の廃除が認められるのは、被相続人への虐待や重大な侮辱があったとき、著しい非行があったときなどの廃除事由があったときに限られます。

Filed under: 未分類 — まさき 3:10 PM