特別失踪による失踪宣告とは

人が失踪し、その生死が不明な場合に利用出来る失踪宣告の制度には、普通失踪の他に特別失踪があります。これは、戦乱や自然災害、火災などの事故、海難事故などに遭遇したと考えられる人が、生死不明の状態にある場合に適用されます。このような場合には、生存している確率が通常の失踪の場合に比べて低いため、普通失踪の場合よりも短い期間で失踪宣告を得ることが出来るようにして、相続の開始や新たな身分関係の構築を可能にしているのです。


このような趣旨から、普通失踪の場合には7年間の期間が必要なのに対して、1年間という短い期間で宣告を得る事が出来ます。さらに、普通失踪の場合と異なり、災害などの危難が去った時点が起算点となる点でも、早くに相続を開始したり身分関係を確定することが出来ます。失踪宣告を得た後は、失踪した本人以外の周囲の人たちは、その人が死亡した場合と同様に相続を開始することが認められます。仮に失踪者が生存していて、後に帰ってきた場合でも、相続の効果などは、周囲の人が生存を知らなかった場合には覆りません。また、生存していた失踪者が行った法律行為も有効となる点は、普通失踪の場合と同様です。これを無効としてしまっては、失踪者の周囲の人々に混乱を招く為です。

Filed under: 未分類 — まさき 3:08 PM